2014年

2月

13日

釜房ダム・大倉ダムでのワカサギやヘラブナ釣り

広瀬名取漁協は、今期より大倉ダムや釜房ダムにおける釣りについて遊漁券を設定しており、これまでは、ダム湖でのワカサギやヘラブナ釣りには遊漁券は必要ありませんでしたが、25年度からは年券(4000円)または一日券(500円)が必要になります。

なお、ワカサギの解禁時期は10月15日から翌3月31日までのようです。

 

漁協が放流しているのならば、鈴なりにワカサギが釣れるだろうと期待し釜房ダムに行ってみましたが、相当腕が悪いようでワカサギではなくオイカワばかりでした・・・

続きを読む

2014年

2月

10日

鮭をとおしてかんがえる、川のこと食のこと

先月実施した「鮭をとおしてかんがえる、川のこと食のこと」の新聞記事を鮭川村のご担当より送っていただきました。

 

2月1日には仙台シルバーセンターでの報告を終えて、地元の方々や関係者向けのフォトブックと動画作成を終え、これから発送します。

 

 

2014年

1月

30日

箱めがねや魚を作ろう!「親子で川クラフト」

暖かくなるのはまだまだ先ですがシーズンが来たらすぐに使えるように、川遊びのマストアイテムである「箱めがね」や、木の板を切って広瀬川や名取川にすんでいる魚型を作ります。

 

       <親子で川クラフト

日 時 平成26年2月9日(日) 10時~12時
場 所 八本松市民センター会議室2
対 象 親子8組 *先着順
内 容 広瀬川や名取川にすむ魚の話のほか、木を魚の形に切り抜いたクラフトや        水中の魚を観察する箱めがねをつくります。

参 加 無料

申 込 2/7(金)まで090-9745-3571(菅原)にご連絡ください

主 催 宮城県淡水魚類研究会

2014年

1月

04日

山形県鮭川村の郷土料理づくりにも挑戦                   「鮭をとおしてかんがえる川のこと、食のこと」参加者募集!

山形県鮭川村では、鮭川に遡上する鮭(よう)を使った郷土料理が数多くあります。

なかでも寒風にさらした「鮭の新切り(ようのじんぎり)」には、鮭を長期保存するための知恵がぎゅっと詰まっていて、地域の自然や風土が育んだ食材といえるでしょう。

 

郷土料理づくりをしながら、鮭川や食文化について楽しく美味しく学びましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日 時 平成26年1月25日(土) 10時~14時30

場 所 鮭川村保健センター

募 集 小学生とその保護者(10組20名程度)

申込み チラシ裏面の申込用紙をFAXまたはメールでお送り下さい

続きを読む

2014年

1月

04日

2014謹賀新年

昨年は川に足を運ぶ頻度が飛躍的に増えた一年でした。

 

その中で感じたことは、いつもと違う視点でみることで今までにはなかった情報が得られることの多さ。

 

仕事として一回り川と接してきましたが、経験したことのないワクワクがまだまだあることを感じました。

 

今年以上に川に足を運び、いろいろなことを感じ、そしてそれを皆さんとシェアできるようつとめたいと思います。

2013年

11月

22日

三ツ口イワナの大あくび

この動画を撮影した数日前にこの場所に来た時はヤマメの産卵行動が見られましたが、この日はそれらしい姿を見ることができませんでした。

 

代わりに立派なイワナがゆったりと泳いでいます。

しかもなぜか流れの上流ではなくどん詰まりの方を向いて。

 

でもよ~く見るとカメラ手前からイワナに向かって流れができているようです。

 

なぜだろうと思いましたが、離れた場所から見て納得。

近くに小さな滝があり河原を伏流して流れ込んでいたようです。

 

紅葉狩りを楽しむ人の足音が聞こえ、一時はこの場を離れましたがまた戻って来てました。

よっぽどこの水が気に入ったのでしょうね。

2013年

10月

11日

大人のためのイモニ講座

8月に開催した「大人のための川遊び講座」に引き続きNPO法人都市デザインワークスとカワラバンの共催で、宮城の秋の風物詩である<芋煮会>における、地域の暮らしや景観に配慮した新しいイモニスタイルを提案する講座を開催します。

 

10月に入ると毎日のように広瀬川で芋煮を楽しむ人の姿を見ることができます。

しかし牛越橋などの人が集中する箇所では、河原の石を積み上げたカマドが真っ黒焦げとなり至る所にそれが放置され、周辺地域から見るとまるで河原が黒く染まったかのようです。そのカマド跡には、ススと一緒にプラスチックが焦げ付いていることも多いのが現状です。

 

地下鉄東西線が開業し広瀬川をもっと多くの市民が楽しむ場所になっていくにもかかわらず、このような地域の暮らしや景観・自然環境を損なうような芋煮会が、宮城の秋の風物詩として誇れるものと言えるのでしょうか。

 

本講座では、河原を汚さないカマド設営やかんたん火おこし方法、ダッチオーブンでの調理、マイ箸づくりを通して、芋煮会や広瀬川をより多くの人が楽しむために、一人一人が気をつける・心掛けることは何なのか、この機会に一緒に考えたいと思います。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時|20131020日(日)10:00〜お昼過ぎ

場所|広瀬川大橋下流左岸

参加|申込先着順(大人20名)

  ※お子さんを連れて参加の方はご相談ください

費用|1,500円(昼食代・保険代を含む)

持物|お椀、お皿、飲み物(ソフトドリンクは準備有

             アルコール類は各自持参)

 

雨天|延期(前日の夕方に判断します)

 

申込窓口:都市デザインワークス(担当:豊嶋)

  宛先:E-mail:info@udworks.net FAX:022-796-0080

  方法:氏名,住所,連絡先,年齢,性別を、E-mailまたはFAXにてお送り下さい

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年

9月

27日

広瀬川にもサケの遡上がはじまりました

北海道、青森、そして盛岡中津川のサケのニュースを聞く度にそわそわしていましたが、本日、広瀬川でのサケの遡上を確認してきました。

 

とは言ってもバシャバシャと産卵行動をしていれば一目で分かるのですが、橋の上から魚影を確認したので非常に分かりづらく、ニゴイじゃないのかという指摘もありそうですが、口を開いた時の形が三角だったのと、横を向いた際の魚体が幅が広かったことからきっとサケだと思われます。

 

本格的な遡上は11月にかけてなので、河原で芋煮をする際にはぜひサケを探してみてはいかがでしょうか。

2013年

9月

16日

8月2週目~9月3週目川の活動ダイジェスト

更新が滞っておりましたが、短い夏を満喫する川の事業の最ハイライトです^^

 

8/17~21 森水キャンプ(花山)
8/24 カヌー清掃(広瀬川)
8/25 大人のための川遊び講座(広瀬川)
8/28 生出小学校川遊び(名取川)
8/29 人来田中学校川遊び(新川川)
9/3 赤石分校・生出幼児学園川遊び(名取川)
9/6 向山小川遊び(広瀬川)
9/10 ろりぽっぷ幼稚園川遊び(名取川)
9/13 北中山小川遊び(ヒザ川)

 

facebookのアルバムでご覧下さい。

https://www.facebook.com/kawaraban

2013年

8月

29日

8月下旬広瀬川ほか釣査

しばらく釣査の更新が滞っておりましたが、ちょこちょこっとは出かけていました。

 

●仙南河川

8月上旬の雨の多い時期に良い釣りができたので、下旬に再度出かけて見るも状況は一変していました。追ってはくるもののそれっきり。それでもホームよりは魚影濃い感じです。

 

 

●広瀬川

水温が高いので上流に行きたいところではありますが、時間も無いし、ひとりだとクマの存在が気になるので、お手軽そうなポイントへ。

真っ昼間でも日陰があって、石もあって、酸素量が多そうなポイントでのみ反応がありました。

 

産卵に向けたカウントダウンがはじまっていました。

 

 

 

 

2013年

8月

26日

大人のための川遊び講座開催しました!

都市デザインワークスさんとのコラボ企画「大人のための川遊び講座」を開催しました。

普段は学校などの教員向けに行っており、一般公募での開催は今回が初めてです。

 

川遊びがしたい大人がどれほど集まるか?という不安も有りましたが、満員御礼20名もの方々にお集まりいただきました。

 

大橋をわたる観光客の声援を受けながら、座学→電車→スローロープ練習→魚とりの流れで行いましたが、近くの棲むというご夫婦から「良い取組みだね~」と言っていただいたそうで、またここで講座を行いたいという気持ちが強くなりました。

 

大人たちが川遊びを楽しんでいる様子は動画でお楽しみください!

2013年

8月

08日

8/25開催!「大人のための川遊び講座」

都市デザインワークスさんの主催で「大人のための川遊び講座」が8月25日に開催されます。

 

一般公募では初めての開催ですので、川に興味のある方はぜひこの機会に受講ください!

 

川遊びを企画するノウハウや、川遊びで気をつけること、レスキュー体験、魚とりなど愉しみながら学べる内容となっております。

 

締め切りは8月20日となっていますので申込みお早めに!!

2013年

8月

08日

7月4週目~8月2週目活動ダイジェスト

7月

22日 青葉区保育園広瀬川の学習
23日 泉区市民センター七北田川の学習
26日 太白区教員向け大人のための川遊び講座
8月
2日 太白区親子向けDボートづくり&プールで安全講習
4日 泉区親子向け川遊び講座
5日 若林区保育園広瀬川川遊び

 

写真はカワラバンfacebookページでご覧ください

2013年

8月

02日

CAT-Vみんなのテレビ「やさしい水 広瀬川とカワラバン」番組ができました!

先月から仙台のケーブルテレビCAT-Vさんの取材を受けて、広瀬川の川遊びに関する番組ができました。
これから一ヶ月間、1日に数回放送されるそうなので、この機会に多くの方に広瀬川の楽しみ方を知ってもらえるとうれしいです^^ネットでも視聴いただけるのでぜひご覧下さい&シェアして周りの皆さんにもご紹介下さい。http://cat-vnet.tv/movie/senbura/20130801.html
カワラバンの目標は「誰もが地域の魚を3種類言えるように!」川に入ったことや捕まえたいきものの感触を、人生の節目節目で思い出せるよう、川で遊び・川で学ぶ機会を提供し続けて行きたいと思います!

 

*下記をクリックすると動画にリンクします

2013年

7月

18日

南会津荒海川釣査&広瀬川釣査

7/15 連休を利用してキャンプに訪れた南会津の荒海川

 

農作業中のおじさんに状況を聞いてみると、釣り人は来るけどあまり釣れていようだとのこと。

釣りができたのは最終日90分だけでしたが、前日前々日と下見をしたおかげで、近くて入りやすいポイントを見つけることができました。

連日の雨で水位も程よく魚の活性は悪くなく、短時間でしたが良い釣りができました。

時間があればもう少し下流のボサ川地帯での釣りも試してみたかったですね。

 

 

 

7/16 大雨前の広瀬川

 

連休中の雨が落ち着いてきて翌日あたりがベストの水位でしたが、予報ではまとまった雨が降るということで、小一時間ほど竿を振りました。

入渓点で魚が出てきたので活性が高いようです^_^

が、バラシも多くて8寸までが3尾のみでした。

2013年

7月

18日

7月2・3週目川の活動ダイジェスト

10日・・・若林区の小学校で広瀬川の川遊び

11日・・・青葉区の小学校で梅田川の座学

12日・・・泉区の小学校で七北田川の川遊び

16日・・・若林区の小学校で広瀬川の座学(午前)

      青葉区の小学校で広瀬川の川遊び(午後)

17日・・・若林区の保育園の保育士向けに名取川で川の安全講習

 

このタイミングで雨が降ってくれてホッとしております^_^

 

Dropboxの調子が悪いので写真はfacebookでご覧下さい。

2013年

7月

07日

川遊びの準備

これから夏休みを迎え、グループや家族で川へ出かける機会が増える季節になりました。

 

川遊びは貴重な体験の場となる一方で、毎年かなしい水の事故も後をたちません。

 

いくつかの項目を知っているだけでも格段に安全に楽しく過ごす事ができるので、川遊びに向けた準備をいくつかご紹介します。

 

 

●場所選び

仙台市内でも有名な川遊びスポットがありますが、いずれも浅瀬が多く比較的水量の少ない場所がほとんどです。

下流域では水量も多く水圧が強いうえ、川岸から急に深くなっている場所が多いので、そういった場所は川遊びには適していません。

 

また、駐車場やトイレの場所も事前に確認し、住民の方に迷惑になる駐車やあちこちで用足しするのは止めましょう。

 

 

●気象情報

当日の天気のみならず、前日までの天気も考慮しましょう。

川の防災情報などで最寄りの地点の水位を調べておくと、川の水位が平水よりも高いのか低いのかが分かるので、川に行く一週間位前から水位の変化を調べておくと良いでしょう。

 

川遊びをしている最中も気象情報には注意しましょう。

その場所では雨が降っていなくても、上流では大雨が降っている事は頻繁に起こり得ます。

昨年も市街地では全く降っていないのに作並では1時間に60mmもの降雨を記録したことがありました。

前述の川の防災情報ではリアルタイムの降雨量も確認でき、また雨雲レーダーも見ることができるので、川遊びの最中も気象には注意しましょう。

 

 

●服装(履きもの)

川遊びでの怪我で多いのが、手足の怪我です。

河原や河床には鋭角石やゴミが落ちている事もあるので、裸足で川遊びをするのは絶対に止めましょう。

 

また、ビーチサンダルは砂浜を歩くには優れものですが、川の中では水圧ですぐに脱げてしまいます。踵を固定できないサンダルも同様です。

履き物が脱げることで生じる怪我や、履き物が流され反射的に取ろうとすることで、転倒したり深みにはまったりすることもあるので、足を保護できしっかりと固定できるスニーカー等が良いでしょう。

さらに靴下をはいていると小砂利も気になりにくく、靴擦れも起こりにくいですよ。

 

●服装(着るもの)

cotton製品は水を含むと非常に重たくなるので、水切れの良い化繊のもの(ジャージなど)がおすすめです。

ラッシュガードやウエットなど専用のものがあると体温低下を防げるので、特に上流域の水温が低いところでは重宝します。

体脂肪の少ないやせ形の男子は特に冷えやすいので、服装には注意しましょう。

2013年

7月

06日

7月1週目の川の活動ダイジェスト

火曜日からの4日間で、教室での授業が3件、川での活動が2件、雨による延期が1件。

子ども達にとって川は普段行くことはできない場所なので、いきものに触れた時や川に入った時の反応は見ていてとても楽しいですね。

2013年

7月

06日

名取川川流れ

ヤマメの姿は見られませんでいたが、アブラハヤ、ヨシノボリ、カマツカなどが泳いでいて、楽しいひとときでした。

2013年

7月

06日

梅田川の上流部

この学校では5-6年ぶりとなる梅田川の授業。

前日の雨の影響で若干の濁りがあるものの、普段から水の少ない川なので増えてくれてありがたい状況です。が、しかし、ムシムシ感が増した河畔林にはたくさんの蚊が・・・

 

以前の記憶を辿って、子ども達では捕まえるのが難しそうなヨシノボリから探すとすぐに、流れが右岸に寄って狭まった石の下から現われました。

 

子ども達もヘビトンボの幼虫やカゲロウ類を見つけ歓声をあげています。

そうしているうちに一人が、「あっカニだ!」

近寄ってみるとサワガニが網の中に入っていました!

 

住宅街のすぐ脇なのに、渓流のような流れは伊達では有りませんでした。

 

ヨシノボリ メダカ カゲロウ類 トビケラ類 カワニナ ガガンボ幼虫 ヒル サワガニ ヘビトンボ クロスジヘビトンボ