私にとっての「小鮒釣りしかの川は宮城県栗原市を流れる地田川。

北上川水系迫川の支流夏川のさらに支流です。

この川や田んぼや山林との関わり、そして嫌で嫌で仕方なかった田舎での生活が、

今こうして、地域や環境を考え行動していこうとする原動力になっています。


地域や環境の元気がなくなっている今だからこそ、当たり前にある身の回りのこと

を考える必要があると思います。

 

地域のことや環境のことを考えるきっかけになるような、体験や情報の提供を目指

し活動を始めました。

 

まちづくりや環境活動の時報を伝える、かわら版。

循環の大動脈である川の環境を見守る、川原番。

そんなふうに自分もなりたいし、そういう仲間を増やしていきたいという想いで名称

を「カワラバン」としました。

 

 

主な活動

●環境学習サポート

●NPOサポート

●研究サポート

 

プロフィール

カワラバン 代表 菅原正徳

栗原郡若柳中学校~築館高校(男子校)~東北工業大学建築学科卒業。

2002年から8年間仙台の環境NPOに勤務し、2011年2月カワラバン設立。

 

・東北工業大学客員研究員

・全国環境ボランティアリーダー会

・宮城県淡水魚類研究会

・広瀬川1万人プロジェクト実行委員会事務局

 

〒981-0952

仙台市青葉区中山6丁目1-12ビューテラスK101

電話 090-9745-3571 FAX 022-739-8814

Email masanosugawara★gmail.com(★を@に変えて)