春のたより

水槽でヤマメ稚魚を飼っていていると、大きな個体はいつも同じ場所に陣取っています。そしてその体型をいかし、活発に泳ぎ回り、時には小さなヤマメを追い払っているのを目にします。自然界でも同じような事が起きており、強いヤマメは縄張りをもちエサを食べまくりますが、小さなヤマメはなかなかエサを得ることができず大きくなれません。

 

そして小さなヤマメは、川を追われるように海へ新天地を求めて旅に出ます。冬期の環境が厳しい北の河川ほど、海へ降りる割合が多くなるので、三陸の沿岸河川では、この海へ降りるヤマメを<ヒカリ>と呼び、ヒカリ釣りが初春の風物詩となっていたそうです。

 

そのヒカリが降海するのと入れ替わるように遡上してくるのがサクラマスです。オホーツク海で見違えるように成長し、一年後、故郷の川に戻って来ます。

 

津波で甚大な被害を受けた石巻の川にも、去年の春に海を目指したサクラマスが帰って来ました。

(写真は2年ぶりのサクラマスを北上川で手にした友人のもの借用しました)