淵が埋まるというのは良く聞きますが

川遊びに最適だったり、よいヤマメが沢山釣れたりした淵が、土砂で埋まって浅くなったというのは良く聞きますが、その逆の現象が岐阜の木曽川で起こっているそうです。

記事はこちら*ニュースへのリンクなので時間が経つと切れる可能性があるのでご了承ください

地質や過去における砂利の採取の影響もありますが、上流のダムや頭首工のため土砂の供給が不足しているもの一因のようです。

 

この記事を読んで、以前仙台市科学館の高取さんのお話の中で広瀬川のライギョが減ったという事を思い出しました。

砂利採取が盛んに行われていた頃は、あっちこっちに記事のような深みがあり、そこの流れが穏やかになっていて、ライギョの格好のすみかになっていたそうです。

砂利採取が行われなくなり、そういった深みが埋まって無くなると、ライギョも姿を消したんだそうです。

 

今だったら、広瀬川にライギョ!?って感じもしますけどね。