ヤマメを追いかけて

去年よりこの時期は、ヤマメの行動調査の一環でサンプリングに協力しています。

釣り上げたヤマメに発信器を取付け、河川に設置した受信機の前を何時通過したかを記録し、産卵箇所や堰の通過を調べるというのもです。

 

6月上旬はまとまった雨がなく日増しに川の状況が悪化し、かつ連日川を歩き回るのでどんどん魚が遠のき、苦戦が強いられましたが何とか目標尾数を釣り上げ、川に戻すことができました。

 

川と魚が好きで協力していますが、エリアや尾数、大きさ、期日を決められた中で釣りをして結果を残すということは、結構しんどいものですね。