初冬の渓流

今朝、奥新川では3cmほどの積雪があったそうです。

そんな日に、久しぶりに川を歩きました。6,000歩ほどですが、結構な疲労感です。

 

横なぐりの風だったので、落ち葉が絶え間なく流れ、あたかも魚の群れのようです。

でも本物の泳ぐ魚は姿すら見えず、砂地に残されたほ乳類の足跡がやたらと目につきます。禁漁期になり誰も歩かないので、安全な通り道になっているのでしょう。

 

一つの役目を終えた落ち葉。

色はあせていますが、流れによって生み出せる造形や、いきものの隠れ家になったり食料になったりすることを考えるとワクワクするのは私だけでしょうか。